兼六土地建物株式会社の紹介

兼六土地建物株式会社の前身の源となるのは、昭和43年9月に兼六土地建物として個人創業したのが始まりでした。
翌年5月には法人設立をはたしのをきっかけにして、大宮支店・船橋支店、そして横浜支店を設立した後、平成16年7月に設立した訳です。
事業範囲は、分譲マンションの企画や販売、分譲住宅、注文住宅としています。
また、ターゲットを東京・埼玉県等の首都圏を中心にしている所が特徴的です。
最近の物件を求めるユーザー層の要望は、安全であるのは当然の事として、その上で機能性等の面でも優れた物件を望む傾向がみられます。
そして多様な個性を受け入れ、それを実現していくという力量が必要です。
兼六土地建物株式会社は、堅固たる基礎作りをする為の基本設計を策定し、ここを十分に見極見る事を第一にしています。
そして、人間味溢れる木の温もりというアナログ的な暖かさ、そして省エネを追求するデジタル的な健康面にも配慮した屋内環境を大切にしている訳です。