企業と応募者を繋ぎ合わせる面接コボット

面接コボットの魅力は面接にかかる膨大な工数を削減する事が出来るということです。
応募者が企業の求める人材なのかどうかを見定めるだけでなく、その人材と面接担当者とのスケジューリングを合わせるということも行ってくれます。
また、それだけでなく面接担当者と人事とのやりとりをタイムラインのように表示させることによって、スムーズに情報共有が可能となるようなシステム管理や応募者の選考ステージをステータス上に分かりやすく表す事が出来るのです。

このようなRPAは人材不足に日本においては必要不可欠だと言われています。
何故なら、少子高齢化によって日本は人材自体が不足しているだけでなく終身雇用制度が崩壊したことによって、企業が人材を守るという意識自体が希薄になっている事が影響しています。
そのため、応募者は信頼できる企業像というものを見失っているため、どのような企業でも人材が集まりにくくなっているのです。

RPAを使えば、数少なく人材との巡り合わせも逃す事なくマッチングさせる事ができます。
また、スケジュール管理のミスなどによって面接のチャンスを逃すなどの信頼関係を壊すような致命的な失敗も無くなるのです。
このように安定した人材の供給ができる事によって人手不足も解消されるため、働きやすい職場環境を手に入れる事ができます。

詳しい情報はコチラ