歯を抜かない矯正法もある

矯正をするにあたって、歯を抜く必要があるのか無いのかは、意外に大きな問題になります。
理想の歯並びに効率的に近づけるために、その妨げとなっている歯を抜くケースもあります。
もっとも、これは絶対的に必要なわけではなく、歯科医の先生によって治療方針も異なっています。
一般的に多いのは、抜かずに済む場合は抜かないけれど、抜いたほうが治療の効果が上がりやすい場合には必要に応じて抜くというスタイルです。
これに対して、歯を1本も抜くことなく矯正することを治療方針に掲げて実践している歯科医院も最近は増えています。
虫歯などでダメになってしまった歯と違い、健康な歯を抜く必要はないというのが、その考え方の根底にあります。
こうした考え方の違いは、患者側にもあるかと思います。
治療がよりスムーズになるなら抜いてもいいと考える方、健康な歯を抜くのはナンセンスだと考える方、または歯を抜くのは恐い不安だと思う方もいるでしょう。
ご自身の考え方によって、歯科医院選びをするのも大切です。
矯正はどこでやっても同じではなく、治療方針も違えば、採用している方法もかなり異なっています。
治療法は1つではありませんので、ご自身の価値観や歯の状態にマッチした方法と先生を探し出すことがポイントです。http://www.kyousei-yokohama.com/about/about01.html