グローバル経済となった今だからこそ、特許申請が大切です

最近、悪い意味で注目を集めているのが某国の特許侵害です。
グローバル化が進んだ今だからこそ、知的な財産を正しく守る必要があります。
ハングリー精神が強い発展途上国は非常に厄介です。
彼らによる日本企業の特許や著作権が侵害される事例が相次いでいます。
同じ日本人、業界人同士であれば、言わば阿吽の呼吸で済むでしょう。
わざわざ厳格に特許申請せずとも、企業間で暗黙の了解が出来上がり、自社の新技術や発想が、競合他社に盗用される恐れはありません。
しかし、国際化が進んだ現在、海外企業が盗用するリスクが現れました。
日本の慣例が通用しない発展途上国の企業相手に、特許侵害訴訟を起こすのは困難です。
リスクもコストも掛かりますし、企業イメージに傷が付き兼ねません。
グローバルな今日、無闇な争いを避けるためにも、自主が生み出した新技術や発想は、正しく特許申請しておきましょう。
費用と手間が少々掛かりますが、リスクマネジメントとしては格安です。
アジア諸国の企業が日本の市場に進出して来る事例も増えました。
彼らと渡り合うためにも、必要な処置は全て講じておきましょう。
要の技術、発明などは特許申請しておいて損はありません。
そして仮に某国や競合他社に特許侵害されたとしても、きっちり申請を済ませておけば、毅然とした法的処置で対応出来ます。http://www.kimura-intl-ip.net/