集団生活の場ではなく、あくまでも個を重視した住まい設計

特養などの高齢者施設に行くと、生活の場というより、病院の病室のような感じで、ここで一生暮らしていくのかとがっくり肩を落とされる高齢者やご家族も少なくありません。
介護が必要とはいえ、回復すればいつかは退院の日がやってくる病院と異なり、特養などの高齢者施設は終の棲家ともなるべき場所です。
人として最後まで尊重されて暮らしたいと願う方にとっては、やはり、社会福祉法人博乃会のような住まいへのこだわりを持つところを選ぶのが安心でしょう。
スムーズな介護を提供するための設計と、プライバシーをできる限り尊重する設計が融合された住まいでは、個人の尊厳を守りながら、最適な介護を受けることが可能になります。
浴場も介護状態でも入れればいいではなく、展望風呂など高齢者の楽しみに焦点を当てた設計となっているのです。
食堂やリクリエーションスペースにしても、ホテルのようなお洒落な空間で、毎日の生活に張り合いを与えてくれます。